九谷焼伝統技法
九谷焼伝統技法
古九谷 Ko-kutani
古九谷 Ko-kutani


大聖寺藩初代藩主前田利治公が命じ、九谷村で焼かれたもので、青(緑)、黄、赤、紫、紺青の五彩を用い、絵画的に豊かに表現された様式。
赤絵 飯田屋 Akae Iidaya
赤絵 飯田屋 Akae Iidaya


吉田屋窯を引き継いだ宮本屋窯で焼かれた様式。赤で繊密に人物を描き、まわりを小紋等で埋め尽くし、金彩を加えた赤絵繊密画。絵柄と色の華やかな取り合わせが特徴。
吉田屋 Yoshidaya
吉田屋 Yoshidaya


赤を使わず、青。黄・紫。紺青の四彩を用い、様々な文様や小紋を駆使し、全面を塗り埋めた重厚な画風が多い。緻密かつ軽快な筆遣いが特徴。
染付 Sometsuke
染付 Sometsuke


青色の絵具(呉須)を用いた技法。青一色で描く線の、シンプルで爽やかな仕上がりが特徴。シンプルでモダンな染付は、他のうつわやインテリアとも合わせやすく、生活になじみやすい。
銀採 Ginsai
銀採 Ginsai


銀箔を貼付けた上に透明釉や五彩の釉彩を塗り、焼き上げた技法。銀箔が剥がれない
うえ、錆びないという特性を持っている。やわらかい絵の調子や、抑えた質感が上品さを醸し出す。
金彩 Kinsai
金彩 Kinsai


下地に金箔を乗せ焼成することで独特な紋様が生まれる技法。
金箔が作り出す紋様は作品個々によって違う表情となり、豪華で
優美な輝きを放ちます。
花詰 Hanazume
花詰 Hanazume


大正三年に金沢の名工水田四郎によって九谷に伝わった技法。器の表面を様々な花で敷き詰め、花の輪郭を金色で描いた意匠が特長。九谷焼の豪華絢爛を代表する画風です。
青粒白粒 Aochibu/Shirochibu
青粒白粒 Aochibu/Shirochibu


大正時代に広まった彩色の技法。地色の上に、青粒や白粒と称
する細かい点の盛り上げを並べる鮫肌のような手法。粒の大きさ、
色、間隔の均一さで級密な技術が要求される。
KUTANI-YAMAGUCHI
(有)山口陶業社
有限会社 山口陶業社 〒923-1121 石川県能美市寺井町レ131 Tel0761-57-1045 Fax076-57-1040 Copyright© 2019 KUTANI YAMAGUCHI All Rights Reserved.